しっかりと物を噛みたい
金属アレルギーだから銀歯がキツイ! 自分の歯をずっと大事にしたい
ホーム > 年齢別歯科診療

年齢別歯科診療

年齢別歯科診療

1歳~3歳くらいまでの乳児

1歳~3歳くらいまでの乳児

乳歯が生え始めるのは2歳前後のため、虫歯になることは少ない年代といえます。

対処

この時期に来院される患者さんには、ブラッシングの方法などをご説明しています。
歯が生えてきたお子さまには、フッ素塗布や糸ようじを使用するなどの事前予防をお勧めしております。

4歳~小学生くらいまでの幼児

4歳~小学生くらいまでの幼児

3歳くらいから2つの悩みに分かれる傾向です。
ひとつは虫歯がまったくないキレイな状態で来院され、健康な状態をこのまま保ちたいというご相談。もうひとつは、ひとつの虫歯からほぼすべての歯に虫歯が広がってしまったケースです。

対処

前者のケースでは、クリーニングやフッ素塗布をご案内しています。
後者は、治療を進めながらフッ素洗口剤での毎日のうがいをお勧めしています。
どちらのケースも、自分でできるブラッシング方法の指導をいたしております。
矯正は当院では行っておりませんが、信頼のおけるドクターをご紹介いたしますのでお気軽にご相談ください。

高校生~20代くらいまでの青年

高校生~20代くらいまでの青年

虫歯で歯が痛いといった悩みのほか、親知らずの痛みなどの問題も出てくる年代です。
子どもの頃に歯の間を磨く歯間清掃の習慣がなかった人には、歯肉炎という歯茎に炎症を起こす症状(歯周病の入口といわれる)も見られるようになります。また、噛み合わせの問題が出てくる時期でもあります。

治療

基本的な治療を行います。着色などの問題があってもブラッシングで進行を防げるようであればそのまま残すなど、できるだけ歯を削らずに治療を進めていくよう心がけています。

30~50代くらいまでの中年

30~50代くらいまでの中年

歯茎が腫れた、口臭が気になる、歯がグラグラして噛めない、といった歯周病の悩みが増えてくる時期です。
一番の治療法は歯ブラシできちんと汚れを落とすことなのですが、歯石が付いている部分というのは歯ブラシで磨いても汚れを除去することができません。

治療法

歯石を取ったり、磨き残しの多い場所を患者さんに確認していただいた上で、ブラッシング指導をしております。

60代~からの老年

60代~からの老年

基本的に30~50代くらいまでの方と同じ悩みが多いのですが、本当に高齢になってくると体の機能の衰えと連動して、唾液が出なくなる・口の中が乾く・ものが飲み込めなくなるといった悩みが増えていきます。

治療法

口が乾燥しないようにする方法や、うがい薬をご紹介したり、食べ方の指導をいたします。
入れ歯を使用されている方も多い年代ですので、入れ歯の掃除の仕方や管理の仕方も併せて指導いたします。
入れ歯の中の雑菌は、肺炎の原因となります。口の中を常にキレイな状態に保つ方法をご案内いたしております。

さくらデンタルクリニック099-296-8708
患者さんに不安なく、 診療をしています。
  • さくらデンタルクリニックのご紹介
  • ごあいさつ
  • 当院の特徴
  • 院長ってどんな人?
  • 副院長ってどんな人?
  • スタッフから見た院長先生
  • 診療時間・アクセス
  • 院内のご紹介
  • さくらデンタルクリニックの診療内容
  • 年齢・世代別の歯のお悩みについて
  • 診療の流れ
  • おとな歯科(一般歯科)
  • こども歯科(小児歯科)
  • 歯茎が痛い・歯がぐらぐらする(歯周病について)
  • 定期的な歯のメンテナンス(予防歯科)院長先生
  • 歯が抜けてしまった人へ(入れ歯)
  • 歯を美しくしたい人へ(つめもの・かぶせもの)
  • かみ合わせについて
  • 歯医者に行くのが難しい患者さんへ(訪問診療)

新着情報

一覧を見る

2014/04/14

鹿児島市の鹿児島中央駅近くのさくらデンタルクリニックです。
歯のお悩みの大小に関わらず、お気軽にご相談おまちしております。

2013/12/19

ホームページリニューアルオープンしました。

アクセス


大きな地図で見る

〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武1-13-8

詳しくはこちら